ダイワボウグループ 公式採用サイト

先輩社員紹介/Member

ダイワボウレーヨン株式会社
益田工場 商品開発部
佐賀大学大学院工学系研究科循環物質化学専攻
Y.W

Y.W

ダイワボウレーヨン株式会社
益田工場 商品開発部
Y.W佐賀大学大学院工学系研究科循環物質化学専攻

現在の仕事内容

 私は2017年に入社しました。
 入社以来、益田工場の商品開発部に所属し、レーヨン繊維の機能化の開発業務をおこなっています。

 

 当社のレーヨン繊維の生産量は世界からみると少なく、海外の大きな工場には生産量では太刀打ちできません。そこで重要となってくるのが、いかに汎用レーヨンと差別化を図るかという点になります。

 

 レーヨンの製造工程に機能化剤を練り込む工程を加えることで抗菌や防臭などのさまざまな性能を付与できます。

 

 機能化剤を練り込んで繊維化が可能かどうか、できた繊維の機能が発揮されているかの見極めはもちろんのこと、量産化する際の生産条件を確立させるところまでおこないます。

仕事をするうえで心がけていること

 私は仕事をするうえで『自分の考えをもつこと』を心がけています。ただ漠然と指示された仕事をこなすだけでは、やりがいを感じられませんし、なかなか身に付きません。

 

 「何故こうなるのか?」「どうすればうまくいくか?」と疑問をもち自分自身で考えて「こうすればよくならないか?」と改善につなげていくことが新商品を開発するためには必要だと思います。

 自分の考えをもつためには、考えを裏づけるための知識をつけることが必要です。

 

 ときには、答えにたどり着けないこともありますが、たとえうまくいかなくても試行錯誤を繰り返すことは仕事をする上での財産になっていくと信じて取り組んでいます。

 

当社に決めた理由

 当社を知ったきっかけは、教授から紹介されたことでした。

 

 私は大学進学のために地元である島根を離れましたが、学生生活を送るにつれて地元に戻って就職したいと考えるようになりました。

 

 正直な話をすると紹介されるまで、当社のことはなに一つ知りませんでしたが、調べていくうちに、当社が技術力の高さを売りにしていること、他社との差別化という点で実際に成果を挙げているということを知りました。

 自分の地元である島根で世界に誇れるモノづくりがしたいと考えたとき「ダイワボウレーヨン」ならこれが実現できると考え、入社を決めました。

 

採用メッセージ

ページトップ